4‐5.Lightning Experience用の一括出力ボタン

4‐5.Lightning Experience用の一括出力ボタン

Lightning Experience用の一括出力ボタンを画面に表示して帳票を出力します。

一括出力ボタンの作成

Lightning Experience用 一括出力ボタンの利用ユーザは、作成したVisualforceへの権限が必要となります。

1.「スマレポ!」タブを開き、作成帳票一覧から帳票名を選択します。

2.[VIEW用Lightning Experience] ボタンを押します。

3.一括出力ボタンの作成画面がポップアップで開きます。

4.ポップアップ内の説明に従って、帳票出力ボタンを作成します。

出力の種類

帳票の出力は以下の種類が御座います。

項目 説明
PDF出力 帳票をPDF形式で画面上に表示します。
チェックした全データが1ファイルで表示されます。
PDF添付 対象データの「ファイル」に帳票をPDF形式で保存します。
チェックしたデータ1件毎に添付されます。
PDF添付+出力 対象データの「ファイル」に帳票をPDF形式で保存し、画面上に表示します。
チェックした全データが1ファイルで表示されます。
添付は、データ1件毎となります。
Excel添付 (Shift-JIS) 対象データの「ファイル」に帳票をExcel(Shift-JIS)形式で保存します。
チェックしたデータ1件毎に添付されます。
Excel添付 (UTF-8) 対象データの「ファイル」に帳票をExcel(UTF-8)形式で保存します。
チェックしたデータ1件毎に添付されます。

4‐4.Lightning Experience用の出力ボタン

4‐4.Lightning Experience用の出力ボタン

Lightning Experience用の出力ボタンを画面に表示して帳票を出力します。

出力ボタンの作成

Lightning Experience用 出力ボタンの利用ユーザは、作成したVisualforceへの権限が必要となります。

1.「スマレポ!」タブを開き、作成帳票一覧から帳票名を選択します。

2.[Lightning Experience] ボタンを押します。

3.ボタンスクリプト作成画面がポップアップで開きます。

4.ポップアップ内の説明に従って、帳票出力ボタンを作成します。

出力の種類

帳票の出力は以下の種類が御座います。

項目 説明
PDF出力 帳票をPDF形式で画面上に表示します。
PDF添付 対象データの「ファイル」に帳票をPDF形式で保存します。
Excel出力 (Shift-JIS) 帳票をExcel(Shift-JIS)形式で開きます。
Excel添付 (Shift-JIS) 対象データの「ファイル」に帳票をExcel(Shift-JIS)形式で保存します。
Excel出力 (UTF-8) 帳票をExcel(UTF-8)形式で開きます。
Excel添付 (UTF-8) 対象データの「ファイル」に帳票をExcel(UTF-8)形式で保存します。

4‐3.一括出力用ボタン

4‐3.一括出力用ボタン

一括出力用のボタンを表示して、複数の帳票を出力します。

一括出力用ボタンの作成

1.「スマレポ!」タブを開き、作成帳票一覧から帳票名を選択します。

2.帳票詳細画面を開き、[VIEW用ボタンスクリプト] ボタンを押します。

3.ボタンスクリプト作成画面がポップアップで開きます。

4.ポップアップ内の説明に従って、帳票の一括出力ボタンを作成します。

出力の種類

帳票の出力は以下の種類が御座います。

項目 説明
PDF出力 帳票をPDF形式で画面上に表示します。
PDF添付 対象データの「メモ&添付」に帳票をPDF形式で保存します。
PDF添付+出力 対象データの「メモ&添付」に帳票をPDF形式で保存し、画面上に表示します。
Excel添付(Shift-JIS) 対象データの「メモ&添付」に帳票をExcel(SHIFT-JIS)形式で保存します。
Excel添付(UTF-8) 対象データの「メモ&添付」に帳票をExcel(UTF-8)形式で保存します。

4.出力ボタン

Slaesforce Classic 用の出力ボタンを画面に表示して、帳票を出力する。

Salesforce モバイル用の出力ボタンを画面に表示して、帳票を出力する。

一括出力用ボタンを表示して、複数の帳票を出力する。

Lightning Experience用の出力ボタンを表示して、帳票を出力する。

Lightning Experience用の一括出力用ボタンを表示して、複数の帳票を出力する。

2‐2.新規帳票を作成しよう

2‐2.新規帳票を作成しよう

帳票の基本情報の設定を行います。

帳票の新規作成

1.画面右上のアプリケーションタブで「スマレポ!」を選択します。

2.[帳票新規作成] を押します。

3.帳票名・用紙サイズ、マージンを設定します。

4.基本オブジェクトを設定します。

5.リレーションオブジェクトを設定し、[保存] を押します。
オブジェクトの参照先の項目を利用したい場合は、こちらで選択してください。
選択されない場合は、IDのみ利用可能となります。
画像の場合は取引先と価格表エントリの項目を利用したいため、
「(参)取引先 ID[取引先]」と「(参)価格表エントリ ID[価格表エントリ]」を選択しています。

6.帳票が作成されますので、帳票名を選択し詳細画面を開きます。

7.レイアウトセクションにある [新規レイアウト追加] ボタンを押します。

8.デザイナー画面(帳票の編集画面)が開きますので、レイアウトを変更し左上の [保存] を押します。

9.レイアウトが作成されます。

1‐1.Smart Report Meister をインストールする

1‐1.Smart Report Meister をインストールする

Smart Report Meister を組織にサインアップします。

インストール手順

インストールの手順は以下の通りになります。
※Smart Report Meister では製品購入前に30日間の無料トライアルを行っております。
※無料トライアルと製品購入後のインストールはどちらも同じ手順になります。

1.AppExcahngeのSmart Report Meister 製品ページに移動し、[ログイン] ボタンを押して、インストールする組織の管理者権限を持つユーザでログインしてください。

2.ログイン後、[今すぐ入手] ボタンを押します。

3.インストールする環境を選択します。

4.利用規約に同意の上、[確認してインストール!] を押します。

5.パッケージAPIアクセスの承認、セキュリティレベルの選択等を設定して、[インストール] ボタンを押します。

以上でインストールは完了です。

管理者向けトレイル―初級

管理者向けトレイル―初級

Smart Report Meister を使用して帳票を作成し、出力できるようになります。

Smart Report Meister とはどんなツールかを知り、インストールと初期設定を行います。

Smaert Report Meister を使って帳票を作成します。

帳票のフォントサイズや罫線、項目の配置等を行います。

作成した帳票を出力するためのボタンを作成します。

4‐1.単票の出力ボタン

4‐1.単票の出力ボタン

Salesforce Classic用の出力ボタンを画面に表示して帳票を出力します。

出力ボタンの作成

1.「スマレポ!」タブを開き、作成帳票一覧から帳票名を選択します。

2.[ボタンスクリプト] ボタンを押します。

3.ボタンスクリプト作成画面がポップアップで開きます。

4.ポップアップ内の説明に従って、帳票出力ボタンを作成します。

出力の種類

帳票の出力は以下の種類が御座います。

項目 説明
PDF出力 帳票をPDF形式で画面上に表示します。
PDF添付 対象データの「メモ&添付」に帳票をPDF形式で保存します。
PDF添付+出力 対象データの「メモ&添付」に帳票をPDF形式で保存し、画面上に表示します。
Excel出力 (Shift-JIS) 帳票をExcel(Shift-JIS)形式で開きます。
Excel添付 (Shift-JIS) 対象データの「メモ&添付」に帳票をExcel(Shift-JIS)形式で保存します。
Excel出力 (UTF-8) 帳票をExcel(UTF-8)形式で開きます。
Excel添付 (UTF-8) 対象データの「メモ&添付」に帳票をExcel(UTF-8)形式で保存します。

1.Smart Report Meisterをはじめよう

1.Smart Report Meister をはじめよう

Smart Report Meister とはどんなツールかを知り、インストールと初期設定を行います。

Smart Report Meister を組織にサインアップする。

Smart Report Meister 専用の権限セットを使用して、アクセス権を設定する。