参照元レコードとマスタの紐づけ方

SMAGANNでマスタを新規に作成した時に、参照元レコードとSMAGANNのマスタを紐づけることができます。※以下の手順では、SMAGANNの設定にて参照元オブジェクトに「商談」が選択されている場合の設定を行っています。

 

【手順1】GANNマスタオブジェクトに、以下のカスタム項目を作成します。
データ型:参照関係
関連先 :商談オブジェクト
項目名 :任意

 

【手順2】プロセスビルダーを使って、SMAGANNのマスタが新規に作成した際、手順1で作成したカスタム項目に、参照元レコードIDが登録されるように設定します。

①オブジェクト
GANNマスタを選択し、「レコードを作成したときのみ」を選択します。

 

②条件判定
参照元オブジェクトが「商談」であるかどうかの判定条件を設定します。
■条件名        :任意
■アクションの実行条件 :条件を満たしている
■条件         :すべての条件に一致(ADN)
■条件を設定
項目 :GANNマスタの「オブジェクト名」([NCDSMG__SMG_Master__c].NCDSMG__ObjectName__c)
演算子:次の文字列と一致する
種別 :文字列
値  :Opportunity

 

③ルール適用時のアクション
■アクション名   :任意
■アクション種別  :レコードを更新
■レコード     :プロセスを開始したNCDSMG__SMG_Master__cレコードを選択
■レコードの更新条件:レコードを更新する条件がない
■更新するレコードの新しい項目値を設定
項目:商談名(※手順1で作成したカスタム項目)
種別:数式
値 :[NCDSMG__SMG_Master__c].NCDSMG__ExDataId__c(GANNマスタの「引用元ID」を挿入)

 

以上で完了です。