帳票に画像を出力する

下記3つの方法いずれかを行うことで、帳票に画像を配置・出力することができます。

Salesforce機能

スマレポ機能

ドキュメントに保存した画像を出力する

ドキュメントに保存した画像を帳票に配置する方法はこちらに御座います。
画像のサイズ変更が可能となっており、帳票に会社のロゴを表示したい時などにご利用頂けます。


リッチテキストエリア項目の画像を出力する

画像が1つ配置されているだけのリッチテキストエリアであれば、その画像を帳票に出力できます。
但し、画像のサイズによって出力結果が異なるのでご注意ください。

【画像の横幅が500pxを超えている場合】

  ・ 画像のタテヨコ比を維持したまま、セルの大きさに合うようにリサイズします。

【画像の横幅が500px以下の場合】

  ・ 画像のタテヨコ比に依らず、セルの大きさいっぱいに表示するようにリサイズします。

1. リッチテキストエリア項目を作成

項目の表示ラベル、API参照名は任意です。
150910SRM01

 

2. 画像を設定

作成したリッチテキストエリアに帳票に出力したい画像を設定します。

 

3. 対象帳票の帳票レイアウトに配置

作成したリッチテキストエリア項目を画像を出力したい場所に配置します。


数式で画像を出力する

帳票に印影画像を出力したい場合などにご利用頂けます。
印影を出力する方法はこちらに御座います。
画像は、配置したセルの大きさに合わせて表示されます。

1. テキスト項目を作成

画像のURLを保存するために必要となります。項目の表示ラベル、API参照名は任意です。
150910SRM02

 

2. 数式(テキスト)項目を作成

画像の表示に必要となります。以下の数式を設定して下さい。項目の表示ラベル、API参照名は任意です。

IF (!ISBLANK(1で作成したテキスト項目のAPI参照名), IMAGE( テキスト項目のAPI参照名 , “任意の文字列”,height,width), “”)

※heightとwidthは実際の画像サイズを設定します。

 

3. 作成したテキスト項目に表示させたい画像のURLを設定

ドキュメントにある画像のURLを指定する場合は、各データの詳細画面「ファイルを表示」リンクのリンク先URLから確認できます。
 

4. 対象帳票の帳票レイアウトに配置

作成した数式項目を画像を出力したい場所に配置します。