基本操作

セルを選択する

セルを選択すると、スタイルの設定やセルの操作ができるようになります。

セル選択

項目 説明
選択 クリック
範囲選択 クリック+ドラッグ
列選択 列名クリック
列複数選択 列名クリック+ドラッグ
行選択 行番号クリック
行複数選択 行番号クリック+ドラッグ
全選択 左上セルクリック

セルを操作する

セルを選択して右クリックすると操作メニューが表示されます。操作メニューから以下のセル操作を行うことができます。

セル操作

項目 説明
上に行を追加 選択セルの上に行を追加する
下に行を追加 選択セルの下に行を追加する
左に列を追加 選択セルの左に列を追加する
右に列を追加 選択セルの右に列を追加する
行削除 選択行を削除する
列削除 選択列を削除する
セル結合 選択範囲を結合する
※選択範囲に結合セルが含まれている場合は結合できません
※選択範囲に一行目のセルが含まれている場合は結合できません
セル結合解除 結合セルを解除する

データを操作する

文字列やスタイルを複製・削除します。

項目 説明
コピー セル選択→Ctrl+C
切り取り セル選択→Ctrl+X
貼り付け セル選択→Ctrl+V
削除 セル選択→deleteまたはbackspace

文字列を入力する

セルを選択して文字キーを押下するか、セルを左ダブルクリックするとテキストエリアが表示されます。
テキストエリアに文字を入力し、enterキーまたはテキストエリア外をクリックするとセルに文字が挿入されます。

右クリックメニュー

右クリックで、以下の操作が行えます。

右クリックメニュー

項目 説明
上に行を追加 選択されているセルの上に、1行追加します。
下に行を追加 選択されているセルの下に、1行追加します。
左に列を追加 選択されているセルの左に、1列追加します。
右に列を追加 選択されているセルの右に、1列追加します。
行を削除 選択されているセルの行を削除します。
列を削除 選択されているセルの列を削除します。
セルを結合 範囲選択されているセルを、結合して1つのセルにします。
セルを結合を解除 選択されている結合セルの結合を解除します。
文字色をパレットに追加 選択されているセルの文字色を、文字色パレットに追加します。
背景色をパレットに追加 選択されているセルの背景色を、背景色パレットに追加します。
罫線色をパレットに追加 選択されているセルの罫線色を、罫線色パレットに追加します。
セルスタイルを保存 選択されているセルのスタイル設定を保存し、他のセルにコピー可能にします。

保存する

デザイナー画面左上の「保存」ボタンを押すと、レイアウトを保存してデザイナーを閉じます。

※「他の人によって更新されているため保存できません。」のダイアログが表示された場合は、
作業中に帳票が変更されてしまっていますので、一旦閉じて再度編集し直してください。
(この間に作業した内容は失われます)

終了する

デザイナー画面上部の「閉じる」ボタンを押すと、編集中のレイアウトを保存せずにデザイナーを閉じます。

※保存していないデータは削除されます

スタイルを設定する

フォント

文字列のスタイルを設定します。

フォント

項目 説明
パレット一覧またはカラーピッカーから色を選択すると、選択範囲内の文字列の色が変更されます。
現在選択しているセルの文字色は雫型のアイコンに表示され、パレット上ではハイライト表示されます。
カラーピッカーから選択した場合はカラーピッカー左の選択色一覧の一番上に表示されます。
大きく 文字サイズを一段階大きくします。
小さく 文字サイズを一段階小さくします。
文字サイズ 選択リストで文字サイズを選択します。
下線 文字に下線を設定します。

罫線

罫線を設定します。

罫線

項目 説明
太さ 罫線の太さを設定します。
スタイル 罫線の種類(スタイル)を設定します。
罫線の色を設定します。
格子 選択中のセルすべての上下左右に罫線を引きます。
外枠 選択範囲の上下左右に罫線を引きます。
下線 選択範囲の下に罫線を引きます。
上線 選択範囲の上に罫線を引きます。
左線 選択範囲の左に罫線を引きます。
右線 選択範囲の右に罫線を引きます。
なし 選択範囲の罫線をすべて削除します。
横線 選択範囲の横線をすべて引きます。
縦線 選択範囲の縦線をすべて引きます。

スタイル

レイアウトや背景色を設定します。

スタイル

項目 説明
左揃え 文字列を左揃えにします。
中央揃え 文字列を中央揃えにします。
右揃え 文字列を右揃えにします。
上揃え 文字列を上揃えにします。
上下中央揃え 文字列を上下中央揃えにします。
下揃え 文字列を下揃えにします。
背景色 パレット一覧またはカラーピッカーから色を選択すると、選択範囲内の背景の色が変更されます。
現在選択しているセルの背景色は雫型のアイコンに表示され、パレット上ではハイライト表示されます。
カラーピッカーから選択した場合はカラーピッカー左の選択色一覧の一番上に表示されます。
左インデント 左揃えの場合、左インデントを1ポイント増やします。
中央揃えの場合、インデントは無効となります。
右揃えの場合、右インデントを1ポイント減らします。
右インデント 右揃えの場合、右インデントを1ポイント増やします。
中央揃えの場合、インデントは無効となります。
右揃えの場合、左インデントを1ポイント減らします。
折り返し セル内で改行を行う場合はオンにします。
セルスタイル 保存したセルスタイルの内容を、選択したセルに設定します。

表示形式

表示形式

▼ 表示形式

配置したオブジェクト項目の表示形式を設定します。
データ項目が配置されているセルを選択し、表示形式選択リストからデータの表示形式を選択します。表示形式を設定すると、セルの右上に青いマークが表示されます。マークの上にマウスポインタを置くと、設定されている表示形式を確認することができます。
表示形式の設定を解除するには、表示形式選択リストの一番上の項目「――――――――」を選択します。
※データ項目が挿入されていないセルに表示形式を設定することはできません
※データ項目を削除すると、表示形式も削除されます
※PDF出力のみをサポートしております

▼最終ページのみ表示

最終ページ時のみに出力されます。
明細が複数ページに渡るような場合の総合計行等の出力に利用出来ます。
このチェックがされたセルのデータもしくは文字列は最終ページのみに出力され、最終ページ以外では空白で出力されます。
※ 罫線や背景色といったデザインの部分にはこの設定は適用されません。
そのため最終ページ以外でも表示されます。

オブジェクト項目を配置する

オブジェクト項目を配置する

オブジェクトの設定で選択したオブジェクトの項目をデザイナー上に配置します。

オブジェクト配置

デザイナー画面左部のサイドメニューの「オブジェクト」から配置したいオブジェクトを選択します。オブジェクトを選択すると、アコーディオンが開いてオブジェクト項目の一覧が表示されます。オブジェクト項目はドラッグ&ドロップでデザイナー上に配置することができます。

配置した項目は「{項目名}」としてセルに表示されます。項目名の上にマウスポインタを置くと、その項目のオブジェクト名とオブジェクト項目名を確認することができます。

▼ カスタム設定について

カスタム設定は自動で出力対象となりますが、以下のいずれかに該当するものは出力できません。
・ 設定種別が「階層」になっている
・ 表示が「保護」になっている
配置用の項目は「レコード+項目」の単位になっているので、目的に合ったものを選んでデザイナー上に配置してください。

繰り返し項目を配置する

オブジェクト項目に繰り返し条件を設定して、デザイナー上に配置します。
これにより、子オブジェクトに複数データある場合に明細のように出力出来ます。
主従関係での従オブジェクトに限り、サイドメニューのオブジェクト選択時に繰り返し条件設定パネルが表示されます。

繰り返し配置

デザイナー画面左部のサイドメニューの「オブジェクト」から配置したいオブジェクトを選択します。
オブジェクトを選択すると、アコーディオンが開いて繰り返し条件設定パネルとオブジェクト項目の一覧が表示されます。
繰り返し条件を設定し、オブジェクト項目をドラッグ&ドロップしてデザイナー上に配置します。
既にデザイナー上に配置されているオブジェクトの繰り返し条件を変更すると、デザイナー上の配置も自動的に変更されます。

項目 説明
繰り返し件数 項目を連続して配置する数を設定します。
帳票出力時、出力データの件数が繰り返し件数に満たない場合は、出力データの件数分を出力し、それ以降の繰り返し位置には何も表示しません。
出力データの件数が繰り返し件数を超える場合は、繰り返し件数分までデータを出力した後、同じレイアウトでページを追加し、繰り返し開始位置からデータの続きを出力します。
間隔 項目を配置する間隔を設定します。
1件のデータを、複数行で表示する際に使用します。
方向 項目を配置する方向を設定します。

※データの件数が「繰り返し件数」を超える場合は、改ページされます。

基本項目を配置する

日付やページ数などの基本項目をデザイナー上に配置します。

デザイナー画面左部のサイドメニューの「基本オブジェクト」から配置したいオブジェクトを選択します。
オブジェクトを選択すると、アコーディオンが開いてオブジェクト項目の一覧が表示されます。
オブジェクト項目をドラッグ&ドロップしてデザイナー上に配置します。

オブジェクト項目を削除する

削除したいオブジェクト項目を選択状態にしてdeleteキーまたはbackspaceキーを押します。
確認ダイアログが表示されるので、「OK」を選択します。
オブジェクト項目が削除されます。

※繰り返し項目の場合は、繰り返し項目全体が削除されます。

画像を配置する

画像を準備する

ドキュメントタブを開き、「スマレポ配置画像」フォルダを選択し、「Go!」ボタンを押します。
「新規ドキュメント」ボタンを押し、「新規ドキュメントのアップロード」画面を開きます。
配置したい画像を、アップロードしてください。

画像準備

その際に、以下の設定を行ってください。

項目 設定
外部参照可 ON
フォルダ スマレポ配置画像

画像を配置する

デザイナー画面左部のサイドメニューの「画像」を選択すると、Salesforceのドキュメントにアップロードされた画像のファイル名が一覧で表示されます。
ファイル名をデザイナー上にドラッグ&ドロップして画像を配置します。
デザイナー上の画像はドラッグして配置する位置を変更することができます。

画像配置

項目 説明
画像のリサイズ 画像をクリックして選択状態にします。
選択状態の右下に青いマークが表示されるので、そのマークをドラッグして画像のサイズを変更します。
元のサイズに戻したい場合は、画像の上で右クリックして操作メニューを開き、「元のサイズに戻す」を選択します。
画像の削除 画像の上で右クリックして操作メニューを開き、「画像を削除する」を選択します。
デザイナー上から画像が削除されます。

印刷範囲を確認する

印刷範囲を確認する

帳票データが印刷範囲を超えると、印刷範囲を示す赤い点線が表示されます。
この赤い点線を超えると正しく出力されない場合があります。
必ず赤い点線が表示されていないことを確認して、レイアウトを保存してください。

印刷範囲

サイドメニューを切り替える

サイドメニューを切り替える

デザイナー画面左部のサイドメニューに表示されている項目は、切り替えることができます。

デザイナー画面上部の「サイドメニュー」ボタンにオンマウスすると、表示項目設定プルダウンメニューが開きます。
表示項目をクリックすることにより表示・非表示を切り替えることができます。

サイドメニュー

レイアウトを確認する

レイアウトを確認する

デザイナー画面上部の「レイアウトプレビュー」ボタンを押すと、レイアウトを確認することができます。

※ 実際の出力結果と異なる場合があります
※ プレビューの確認にはPDF出力例を確認するもご覧ください

下書きを表示する

下書き用の画像を登録している場合には、レイアウトデザイナー上で下書きを背景に半透明で表示させることができます。

下書き

以下のメニューで操作できます。

項目 説明
カメラボタン 下書きの表示/非表示を切り替えます
画像リスト 表示する下書きを選択します
下書きを配置する上からの位置を設定します
マイナス値も設定可能です
下書きを配置する左からの位置を設定します
マイナス値も設定可能です
下書きを表示する幅を設定します
高さは幅に合わせて自動で設定されます
矢印ボタン 設定した上・左・幅の値を反映させます