「スマレポ!」タブ

帳票新規作成

スマレポタブA1

帳票を新規に作成する場合に、この欄のボタンを押してください。

作成帳票一覧

スマレポタブA2

項目 説明
帳票名 帳票詳細画面へ移動します
用紙サイズ 帳票の用紙サイズです
用紙の向き 帳票の用紙の向きです
レイアウト数 帳票のレイアウト数です
作成者 帳票の作成者です
更新者 帳票の更新者です
最終更新日 帳票の最終更新日です

「設定」タブ

バックアップデータ登録

データ登録ボタンを押すと、バックアップファイルの登録画面へ移動します。

バックアップデータ登録

※Ver1.108以前では同一Verで出力したバックアップデータのみ登録できます。

カスタム用紙サイズ

用紙サイズの定義を自由に作成出来ます。

カスタム用紙サイズ

項目 説明
用紙サイズ カスタム用紙サイズの名前です
用紙サイズ設定画面へ移動します
高さ(cm) 設定した用紙の高さです(単位はcm)
幅(cm) 設定した用紙の幅です(単位はcm)
削除 設定した用紙サイズを削除します
帳票に割り当て済みの用紙サイズは削除できません
新規作成 新規で用紙サイズ設定画面へ移動します

 

カスタム日付フォーマット

日付データを出力する際の、出力形式を作成出来ます。

カスタム日付フォーマット

項目 説明
日付フォーマット名 カスタム日付フォーマットの名前です
カスタム日付フォーマット設定画面へ移動します
日付表示方法 設定した日付表示方法です
曜日表示方法 設定した曜日表示方法です
削除 設定した日付フォーマットを削除します
帳票に割り当て済みの日付フォーマットは削除できません
新規作成 新規でカスタム日付フォーマット設定画面へ移動します

共通設定

すべての帳票で共通の設定を保存します。
共通設定

項目 説明
添付したファイルは、添付ファイルとしてではなく、
Salesforce Files としてアップロードする。
添付時の帳票の保存先を「メモ & 添付ファイル」ではなく「ファイル」に変更します。
※この設定はClassicでのみ有効です。詳しくはこちらをご確認ください。

用紙サイズ設定画面

利用したい用紙サイズの定義を設定します。

用紙サイズ設定画面

項目 説明
用紙サイズ(必須) カスタム用紙サイズの名前です
高さ(cm)(必須) 設定する用紙の高さです(単位はcm)
幅(cm)(必須) 設定する用紙の幅です(単位はcm)

ここで設定した用紙が、「名前・用紙設定画面」で選択出来る様になります。

バックアップデータ登録画面

帳票詳細画面から出力したバックアップデータを登録します。

バックアップデータ登録画面

「ファイルを選択」ボタンを押下してバックアップデータを選択後、「データ登録」ボタンを押します。

※Ver1.108以前では同一Verで出力したバックアップデータのみ登録できます。

日付フォーマット設定画面

利用したい日付フォーマットの定義を設定します。

日付フォーマット

項目 説明
日付フォーマット名(必須) カスタム日付フォーマットの名前です
日付表示方法(必須) 設定する日付表示方法です
日付と曜日間の空白 日付と曜日の間に空白を入れる場合にチェックします
曜日表示方法(必須) 設定する曜日表示方法です
括弧表示 曜日を括弧でくくる場合にチェックします

ここで設定した日付フォーマットが、レイアウトデザイナーの表示形式で選択出来る様になります。

帳票詳細画面

ボタン

以下の機能のボタンがあります。

ボタン

項目 説明
削除 開いている帳票を削除します。
(※注)元には戻せません。
コピー 開いている帳票をコピーし、新しく帳票を作成します。
ボタンスクリプト ボタンスクリプト作成方法をポップアップで表示します。
VIEW用ボタンスクリプト VIEW用ボタンスクリプト作成方法をポップアップで表示します。
Salesforce モバイル Salesforce モバイル用の帳票出力方法をポップアップで表示します。
Lightning Experience Lightning Experience用の帳票出力方法をポップアップで表示します。
VIEW用Lightning Experience Lightning ExperienceのVIEW用の帳票出力方法をポップアップで表示します。
データバックアップ バックアップファイルとして帳票を保存します。
ファイルは「バックアップデータ登録」にてリストア出来ます。
※Ver1.108以前では同一Verで出力したバックアップデータのみ登録できます。
再読込 画面を再読み込みします。

所有者

開いている帳票の所有者を表示します。

所有者

項目 説明
作成者 作成者を表示します。
更新者 最終更新者を表示します。
作成日 作成日を表示します。
最終更新日 最終更新日を表示します。

名前・用紙

名前・用紙等の情報を表示します。

名前・用紙

項目 説明
帳票名 帳票名を表示します。
Salesforce1一括設定 Salesforce1一括表示を行うかを表示します。
ページマージン右(cm) ページマージン右を表示します。
ページマージン左(cm) ページマージン左を表示します。
ページマージン上(cm) ページマージン上を表示します。
ページマージン下(cm) ページマージン下を表示します。
用紙サイズ 用紙サイズを表示します。
用紙の向き 用紙の向きを表示します。
レイアウト印刷順 レイアウトの印刷順序を表示します。
データ終了時の後続レイアウト出力 データ終了時に後続レイアウトを印刷するかしないかを表示します。
複写 複写する場合の枚数を表示します。
チェックボックスOFFを空白 チェックボックスがOFFの場合に、空白表示とするかを表示します。
添付ファイル名1~4 添付ファイル名の設定方法を表示します。
名前・用紙変更ボタン 名前・用紙設定画面へ移動します。

オブジェクト

設定したオブジェクトを表示します。

帳票詳細A1

項目 説明
オブジェクト名 オブジェクト名を表示します。
API参照名 API参照名を表示します。
明細出力設定 明細出力設定画面へ移動します。
※子オブジェクトのみ
差し込み/数式設定 差し込み/数式設定画面へ移動します。

積み上げ集計

設定した積み上げ集計の内容を表示します。

帳票詳細A2

項目 説明
名前 積み上げ集計項目の名前を表示します。
オブジェクト名 対象項目のオブジェクト名を表示します。
API参照名 対象項目のAPI参照名を表示します。
積み上げ種別の選択 集計方法を表示します。
変更 積み上げ集計設定画面へ移動します。
削除 積み上げ集計項目を削除します。
新規作成ボタン 積み上げ集計設定画面へ移動します。

レイアウト

設定したレイアウトを表示します。

帳票詳細A3

項目 説明
ページ番号 ページ番号を表示します。
上へ 対象のレイアウトを、1つ上へ移動します。
下へ 対象のレイアウトを、1つ下へ移動します。
レイアウト変更 レイアウトデザイナーを起動します。
PDF出力テスト 設定したレイアウトのみをPDFにテスト出力します。
レイアウトコピー レイアウトをコピーし、一番下に追加します。
レイアウト削除 レイアウトを削除します。
フッター変更 フッター用レイアウトデザイナーを起動します。
フッター削除 フッターレイアウトを削除します。
バックアップ レイアウトのみのバックアップファイルを作成します。
新規レイアウト追加 新規でレイアウトデザイナーを起動します。
参照… レイアウトのバックアップファイルを選択します。
バックアップレイアウト登録 選択されたバックアップファイルを取り込みます。

レイアウト用背景画像

レイアウトデザイナー上に下書きとして画像を表示させます。

帳票詳細A4

項目 説明
名前 画像ファイル名を表示します。
削除 画像ファイルを削除します。
参照… 画像ファイルを選択します。
画像登録 選択された画像ファイルを取り込みます。

名前・用紙設定画面

新規作成時

出力する帳票の名前や用紙サイズ、余白を設定します。

名前用紙設定1

「スマレポ!」タブの「帳票新規作成」ボタンを押して、名前・用紙の設定画面に移動します。以下の必須項目を入力して、「次へ」ボタンを押します。

項目 説明
帳票名(必須) 帳票の名前
用紙サイズ(必須) 出力する帳票の用紙サイズ
用紙の向き(必須) 出力する帳票の向き(縦・横)
ページマージン(必須) 用紙の上下左右の余白(cm単位)

オブジェクト設定画面が開きますので、オブジェクトの設定に進んでください。

変更時

「スマレポ!」タブの作成帳票一覧から帳票名を選択して、詳細画面に移動します。
詳細画面下部にある「名前・用紙変更」ボタンから名前・用紙の設定画面に移動します。
項目を変更した後、「保存」ボタンを押してください。

名前用紙設定2

変更画面ではレイアウトの印刷順や添付ファイル名等を設定することができます。

項目 説明
レイアウト印刷順(必須) 印刷時に出力するレイアウトの順番
・ ページ番号通りの順番でループ
(例) 123123123
・ 1枚目は表示で、以降をループ
(例) 1232323
データ終了時の後続レイアウト出力(必須) データがすべて出力し終わった場合の動作
・ データ終了後も全部のレイアウトを出力
(設定されているレイアウトをすべて出力します)
・ データ終了後は後続のレイアウトを出力しない
(データ終了以降のレイアウトは出力しません)
複写 同じデータを複数枚コピーで出力する際にチェックします。
設定した枚数分のレイアウトが必要となります。
(6枚複写の場合は、6つのレイアウトが必要です)
利用方法としては、「お客様控え」「店頭控え」「倉庫控え」等の、
全く同じデータを少しずつ異なるレイアウトに出力する際に利用します。
※複写にはいくつかの制限があります。くわしくはこちらを参照してください。
添付ファイル名1(必須) 任意(自由入力)
添付ファイル名2 日時・出力ユーザー名等から選択
添付ファイル名3 日時・出力ユーザー等から選択
添付ファイル名4 基本および親、参照オブジェクトのテキスト項目から選択
※添付ファイル名1~4を繋げたものが添付ファイル名になります。
チェックボックスOFFを空白 データ型がチェックボックスのオブジェクト項目を配置した場合、標準では、値がONの場合はチェック済みのアイコン、OFFの場合はチェックボックスの枠のみを表示します。
「チェックボックスOFFを空白」にチェックを入れると、オブジェクト項目の値がOFFの場合は空白を表示します。
Salesforce1一括設定 Salesforce1一括表示を行う場合はONにします。

オブジェクト設定画面

基本オブジェクトの設定

基本オブジェクトを選択して、「次へ」ボタンを押します。

オブジェクト設定画面1

基本オブジェクトとは、帳票を出力する対象のオブジェクトです。
ここで選択されたオブジェクトの詳細ページ、もしくはVIEWページより、帳票を出力出来る様になります。

リレーションオブジェクトの設定

オブジェクト設定画面2

基本オブジェクトに関連付けられたオブジェクト(参照関係、主従関係のリレーションオブジェクト)も帳票上に出力することができます。

リレーションオブジェクトツリーから、帳票に出力したいオブジェクトを選択して、「保存」ボタンを押します。

後から、追加/削除する事も可能です。

明細出力設定画面

画面移動

帳票詳細ページのオブジェクト一覧の子オブジェクト右側の「明細出力設定」リンクを選択し、明細出力設定画面に移動します。

明細出力設定遷移

明細出力設定

明細出力設定

以下の項目に、条件を設定します。

項目 説明
WHERE条件 子オブジェクトに対するWHERE句を入力してください。
入力はSOQLの書式で入力してください。
「WHERE」は必要ありません。
例)Amount > 10000 AND Name = ′商談′
ORDER BY設定 子オブジェクトに対するORDER BY句を入力してください。
入力はSOQLの書式で入力してください。
「ORDER BY」は必要ありません。
例)Name,Amount ASC
最大出力件数(Limit) 出力する件数を制限する場合は、こちらに出力件数を入力してください。
NULLもしくは「0」の場合に制限なしとなります。
出力対象項目 明細最終行後に任意の文字列を出力する場合は、
出力する位置の項目を選択してください。
例)商品名の位置に「以下空白」と出す場合は、商品名を選択する
明細最終行後出力文字列 明細最終行後に任意の文字列を出力する場合は、出力する文字列を入力してください。
例)– 以下空白 —

入力内容が正しいかは、各項目下の「構文チェック」ボタンにて確認出来ます。

最後に「保存」ボタンにて保存を行ってください。

差し込み設定画面

この機能を利用する事により、データの前後に任意の文字列を追加出来ます。

例)
 ・設定:取引先名+空白+「御中」
 ・出力:○○○○株式会社 御中

画面移動

帳票詳細ページのオブジェクト一覧の基本・親・子オブジェクト右側の「差し込み/数式設定」リンクを選択し、差し込み/数式設定画面に移動します。

差込数式遷移

新規作成

「差し込み設定」欄の「新規作成」ボタンを押して、差し込み設定画面に移動します。

差し込み新規作成

変更/削除

差し込み変更削除

項目 説明
変更 「差し込み設定」欄の対象行の「変更」リンクを押して、差し込み設定画面に移動します。
削除 「差し込み設定」欄の対象行の「削除」リンクを押してください。

差し込み設定

差し込み設定

差し込み設定ページの以下の項目を設定します。

項目 説明
ラベル(必須) 差し込み設定の名前(この名前でデザイナー上に表示されます)
前テキスト 差し込み項目の前に表示したいテキスト
前に空白を入れる 差し込み項目の前(前テキストの後)に空白を表示
差し込み項目(必須) 差し込むデータ項目
後に空白を入れる 差し込み項目の後(後テキストの前)に空白を表示
後テキスト 差し込み項目の後に表示したいテキスト

デザイナー画面左部のサイドメニューの「オブジェクト」から差し込み設定したオブジェクトを選択します。
開いたリストの中にある「差し込み項目」を選択すると、設定した差し込み項目が表示されます。
帳票上には他のオブジェクトと同様に、ドラッグ・アンド・ドロップで配置してください。