操作メニュー

タスク列にオンマウスして表示されるボタンをクリックすると操作メニューが開きます。
ganttNewUIButtons
選択中のタスクに対して操作メニューからさまざまな操作を実行できます。
ganttNewUIButtonOnly

番号 項目 説明 ショートカットキー
1 関連 画面右にサイドバーが表示されます
2 コピー 選択している行とそれに紐付く子タスクをコピーします
3 貼り付け 選択している行の子タスクとしてコピーしたタスクを貼り付けます
4 サブジェクト追加 選択している行の下にサブジェクトを追加します Enter
※サブジェクトの行で実施した場合のみ追加されます
5 タスク追加 選択している行の下にタスクを追加します Enter
※タスクの行で実施した場合のみ追加されます
6 階層を下げる 選択している行の階層を1つ下げます Tab
7 階層を上げる 選択している行の階層を1つ上げます Shift + Tab
8 上に移動 選択している行を1つ上の行に移動します
9 下に移動 選択している行を1つ下の行に移動します
10 削除 選択している行を削除します Delete、Backspace
※タスクバーを選択した状態で実施した場合のみ削除されます

操作ボタン一覧

ガントの上部に操作ボタンが表示されます。
ganttNewUIButtons
タスクを選択した状態で操作ボタンを押すとさまざまな操作を実行できます。
ganttNewUIButtonOnly
①の [編集開始] ボタンを押下すると、ボタンの表示が切り替わります。
ganttNewUIButtonOnly
マイリストのみ編集開始ボタンではなく保存ボタンが表示されます。
ganttNewUIButtonOnly

番号 項目 説明
1 編集開始 ガントチャートの編集を開始します。タスクの編集が行えるようになります。
編集を開始するとガントチャートをロックします。詳細は こちら を参照して下さい。
2 保存 ガントチャートを保存します。
3 キャンセル ガントチャートの編集を終了します。変更内容は保存されません。
キャンセルするとガントチャートのロックを解除します。
4 元に戻す 一つ前の操作を取り消します。
5 やり直し 元に戻すで取り消した操作をやり直します。
6 上に移動 選択している行を1つ上の行に移動します。
7 下に移動 選択している行を1つ下の行に移動します。
8 フィルター 状況や担当者でタスクを絞り込むことができます。
9 表示切替 タスクの項目の表示・非表示を切り替えることができます。
10 すべての階層を開く 閉じているすべての階層を開くことができます。
11 すべての階層を閉じる 開いているすべての階層を閉じることができます。
12 連動モード 連動モードがONの場合、後続作業のタスクが先行作業のタスクの移動に連動して、両者の間隔を保つように移動します。
13 表示単位切替 ガントをウィークリーやマンスリーなどの表示に切り替えることができます。
14 保存 マイリストのみ表示されフィルタ条件を保存します。

ガント編集が許可されていない場合は1~7のボタンは表示されません。
12のボタンは単体ガントと調整機能にのみ表示されます。
13のボタンは単体ガントとマイリストにのみ表示されます。
14のボタンはマイリストにのみ表示されます。

フィルター

状況や担当者でタスクを絞り込むことができます。
 
1. フィルターボタンをクリックします。
SMG_cap21

2. フィルター設定ダイアログが表示されます。
SMG_cap18

3. 絞り込みたい条件を設定し、[適用]ボタンをクリックします。
SMG_cap19

4. タスクに絞り込みが適用されます。
SMG_cap20

・ フィルターを適用した状態で保存すると、次回表示時にフィルターが適用された状態で表示されます。
・ 絞り込んだタスクの工数の合計がフィルターボタンの横に青い吹き出しで表示されます。
・ 一番上のタスク(マスタ)はフィルターの状態にかかわらず、必ず表示されます。

項目表示切替

タスクの項目(担当・タスク名・from・toなど)の表示・非表示を切り替えることができます。
「実績(人日)」列については こちら を参照してください。
 
1. 表示切替ボタンをクリックします。

2. 表示・非表示にしたい項目を設定し、[適用]ボタンをクリックします。
SMG_cap25

3. 項目の表示・非表示が適用されます。
SMG_cap26

ガント表示単位切替

ガントをウィークリーやマンスリーなどの表示に切り替えることができます。
表示単位の切り替えは、単マスタとマイリストのみ使用可能です。
 
1. カレンダーアイコンをクリックします。
カレンダーアイコン
2. ガントの表示単位を選択します。表示単位は「日・週・月・四半期・半期」の5つです。

日(デフォルト) : 最小単位は1日です。

日(デフォルト)
 
週 : 最小単位は1週間です。週の初めは月曜日となっており、月曜日に該当する日付が表示されています。
週
 
月 : 最小単位を1ヶ月とし、3ヶ月ごとに表示します。
月
 
四半期 : 最小単位を3ヶ月とし、半年ごとに表示します。
四半期
 
半期 : 最小単位は6ヶ月とし、1年ごとに表示します。
半期

タスクのコピー

選択したタスクとその子タスクをコピーして任意の場所に貼りつけすることができます。
コピーしたタスクは貼り付けを選択したタスクの直下に作成されます。
 
1. コピーしたいタスクのタスク列にオンマウスして表示されるボタンをクリックします。
SMG_taskCopy
 
2. 操作メニューから [コピー] を選択します。コピー範囲は画像の青枠部分となります。
SMG_taskCopy
 
3. 貼り付けしたいタスクのタスク列にオンマウスして表示されるボタンをクリックし操作メニューから [貼り付け] を選択します。
SMG_taskCopy
 
4. コピーしたタスクが貼り付けを押下したタスクの直下に追加されます。
SMG_taskCopy
・ フィルタや閉じているタスクをコピーした場合、表示されていない子タスクもコピー対象となります。
・ マスタのコピーはできません。
・ [貼り付け] を押下するタスクの階層が閉じている場合は、貼り付けできません。
・ [貼り付け] を押下するタスクに実績が入っている場合は、貼り付けできません。
 

対象 作成値
担当者 なし
タスク名 コピー元の値
開始日 [貼り付け] を押下したタスクの開始日
終了日 [貼り付け] を押下したタスクの開始日に合わせて再計算
工数(人日) コピー元の値
実績(人日) 削除
状況
進捗 0
備考 空白
前後作業パス(コピー対象のタスクツリー内のみに紐付く) コピー元の状態
前後作業パス(コピー対象のタスクツリー外に紐付く) 削除
日付固定 コピー元の状態