参照元レコードとマスタの紐づけ方

SMAGANNでマスタを新規に作成した時に、参照元レコードとSMAGANNのマスタを紐づけることができます。※以下の手順では、SMAGANNの設定にて参照元オブジェクトに「商談」が選択されている場合の設定を行っています。

 

【手順1】GANNマスタオブジェクトに、以下のカスタム項目を作成します。
データ型:参照関係
関連先 :商談オブジェクト
項目名 :任意

 

【手順2】プロセスビルダーを使って、SMAGANNのマスタが新規に作成した際、手順1で作成したカスタム項目に、参照元レコードIDが登録されるように設定します。

①オブジェクト
GANNマスタを選択し、「レコードを作成したときのみ」を選択します。

 

②条件判定
参照元オブジェクトが「商談」であるかどうかの判定条件を設定します。
■条件名        :任意
■アクションの実行条件 :条件を満たしている
■条件         :すべての条件に一致(ADN)
■条件を設定
項目 :GANNマスタの「オブジェクト名」([NCDSMG__SMG_Master__c].NCDSMG__ObjectName__c)
演算子:次の文字列と一致する
種別 :文字列
値  :Opportunity

 

③ルール適用時のアクション
■アクション名   :任意
■アクション種別  :レコードを更新
■レコード     :プロセスを開始したNCDSMG__SMG_Master__cレコードを選択
■レコードの更新条件:レコードを更新する条件がない
■更新するレコードの新しい項目値を設定
項目:商談名(※手順1で作成したカスタム項目)
種別:数式
値 :[NCDSMG__SMG_Master__c].NCDSMG__ExDataId__c(GANNマスタの「引用元ID」を挿入)

 

以上で完了です。

参照元レコードからガントチャートを開く方法

参照元レコードから該当するガントチャートを開く方法をご紹介します。

【手順1】参照元レコードとマスタの紐づけ設定を行います。

 

【手順2】GANNマスタオブジェクトに、以下のカスタム項目を作成します。
■データ型:数式(テキスト)
■項目名 :ガントを開く ※任意
■数式  :HYPERLINK("/apex/NCDSMG__vfGantt?topId=" & Id , "ガントを開く","_blank")

 

【手順3】参照元オブジェクトのページレイアウトにGANNマスタ関連リストを表示し、関連リストの項目に、手順2で作成したカスタム項目を表示させます。
リンクを押下すると、別タブでガントチャートを開くことができます。

状況(ステータス リスト値)のカスタマイズ

SMAGANNでは、GANNサブジェクトとGANNタスクの状況(ステータス リスト値)のカスタマイズが可能です。
カスタマイズには以下の2通りの方法があります。
 

1. 既存の選択リスト値の表示ラベルを任意の文字列に変える

2. 新規の選択リスト値を追加する

※ 選択リストの追加または編集方法については Salesforceヘルプサイト をご覧ください。
 

カスタマイズルール

カスタマイズにあたっては以下のルールを守ってください。
 

1. 既存の選択リスト値の削除、無効化はしないでください。

2. 既存選択リスト値のAPI参照名は変更しないでください。

3. 選択リスト値の表示ラベルは重複が無いように設定してください。

4. カスタマイズは、「GANNサブジェクトのステータス項目」と「GANNタスクのステータス項目」とで同じ状態にしてください。

 

注意事項

また、カスタマイズには以下の注意事項がございます。
 

    1. 状況のフィルタを保存した後に選択リスト値の表示ラベルを変更すると、その選択リスト値のフィルタがクリアされて表示されるようになります。
      非表示にするにはフィルタを再設定して保存し直してください。

    2. 選択リスト値の無効化を行うと、その選択リスト値のタスクは常に非表示となります。
      表示するには状況の値を変更するか、選択リスト値を有効化する必要があります。

    3. 追加した選択リストの値に対して、進捗と状況の連動は設定できません。

    4. 選択リスト値を追加した場合は、状況と進捗の連動設定を無効化してください。手順は こちら をご覧ください。

 

タスク(GANNタスク)のカレンダー表示

タスク(GANNタスク)をSalesforceのカレンダーに表示することができます。
 
1. カレンダーを開き、右下にある [歯車アイコン] を押下します。

 
2. [新しいカレンダー] を押下します。

 
3. オブジェクトに「GANNタスク」を選択し [次へ] ボタンを押下します。

 
4. 以下の値を設定し [保存] ボタンを押下します。

 

項目 必須
カレンダー名 任意の値を登録して下さい。
開始日の項目 開始日(日付)
終了日の項目 × 終了日(日付)
条件の適用 × GANNタスクのリストビューを条件として設定できます。必要な方はGANNタスクタブとリストビューを作成してください。
設定しない場合、担当や状況に関係なく全てのGANNタスクレコードが表示されます。
表示する項目名 GANNタスク名

 
5. カレンダーに「GANNタスク」が表示されます。

祝日の一括取り込み

データインポートウィザードを使用して祝日の一括取り込みが可能です。
アップロードするCSVの雛型は こちら からダウンロードできます。日付を入力する際には「yyyy/MM/dd」形式で登録して下さい。
 
1. [設定] から、[クイック検索ボックスに「データインポートウィザード」と入力し、[データインポートウィザード] を選択します。

 
2. [ウィザードを起動する] ボタンを押下します。

 
3. インポートしているデータの種類は?で「GANN祝日・出勤日」を選択します。

 
4. レコードをどのように処理しますか?で「新規レコードを追加」を選択します。

 
5. 選択後に開いた詳細にてレコードタイプに「祝日」を選択します。

 
6. データはどこにありますか?でアップロードするCSVファイルを赤枠にドラッグし、[次へ] を押下します。

 
7. 項目の対応付けの編集画面が表示されますので [次へ] を押下します。

 
8. [インポートを開始] ボタンを押下します。

 
9. データが作成されます。